Suuntoでは、当社のウェブサイトが「Web Content Accessibility Guidelines (WCAG) 2.0」の適合レベルAAに準拠することを目標とし、WCAG 2.0と国際協調したその他の標準規格に準拠することで、アクセシビリティの確保と向上に取り組んでいます。当ウェブサイト上の情報にアクセスできなくてお困りの場合など、アクセシビリティに関するお問い合わせは、カスタマーサービスまでご連絡ください。カスタマーサービス電話番号:米国 +1 855 258 0900(フリーダイヤル)

Suunto RGBMダイブアルゴリズム

 

SUUNTO RGBM HERITAGE
Suuntoダイブコンピュータの心臓部であるRGBM(縮小勾配気泡モデル:気泡を指標として圧較差を減少させる減圧モデル)は、より安全なダイビングのためのアルゴリズムです。あらゆるタイプのダイビングにとって最適な減圧モデルを追求するSuunto は、RGBMの完成度を高めるために日々努力しています。Suuntoは過去10年以上にわたって、ブルース・ヴィエンケ博士と共にRGBMアルゴリズムの開発に取り組んできました。科学研究、製品開発、そして水中での実際の経験を通じて培われてきた豊富な実績が、Suuntoのダイブコンピュータひとつひとつに反映されています。

Suunto RGBM
血液および組織内の溶解・不溶解ガスを管理する画期的なアルゴリズムです。 Suunto Vyper Air、 Vyper、 Cobra、 Cobra3、 Zoop、 D4i、および D6iで使用されています。このアルゴリズムにより、ダイビング中の体内の状態を正確に把握することができます。

  • 減圧モデルに関する最新の科学的調査を使用した業界初の製品。
  • 何百万人もの熟練したダイバーによるテストで信頼性を証明。
  • Suuntoの革新的な努力は、数多くの他社製ダイブコンピュータにも反映されています。

SuuntoテクニカルRGBM
連続減圧による浮上時の安全性および柔軟性を提供する最先端アルゴリズムです。テクニカルダイビング用に特別に設計されており、深度、時間、ガス切り替えのタイミングなどを常にモニタリングする必要がありません。単一のデバイスですべての重要なデータを確認することができます。 Suunto HelO2 と D9tx ダイブコンピュータで使用されています。

  • Suunto RGBMをベースにした設計。
  • ブルース・ヴィエンケ博士との協同開発。
  • 世界で初めてヘリウムを使用した混合ガスに対応し、最大120 mのダイビングに対応。
  • Suunto専属のテストダイビングチームによる700回以上の徹底したテストダイビングに加えて、特別な試験施設にて実施される総合的なテストダイビングにより製品の品質と性能が実証されています。

Suunto Fused™ RGBM、 Suunto Fused™ RGBM 2
Suunto Fused™ RGBMアルゴリズムは、SuuntoテクニカルRGBMの利点と深海ダイビング用の最新フルRGBMをシームレスに融合させています。リブリーザー機能を備え、最大150 mの水深でのダイビングに対応しています。

Suunto Fused RGBMは、ダイバーによる操作を必要とせずに自動で2つのモデルの切り替えを行うため、減圧症の危険を効果的に避けることができます。 Fused RGBMはSuunto EON CoreSuunto EON Steel(ソフトウェアバージョン1.6.5以前)、Suunto DXで利用できます。

  • ボトムタイムを最大限に延ばし、浮上時間を最小限に短縮。Suunto Fused RGBMを採用したSuuntoダイブコンピュータは、初心者のダイバーがダイビングの経験を重ねて上級レベルに達しても使い続けることができます。
  • 連続的な減圧により徐々にゆっくりと浮上できるため、テクニカルダイビングやディープダイビングでも減圧時間全体を短縮することができます。
  • Suunto専属のテストダイビングチームによる1,000回以上の徹底したテストダイビングに加えて、特別な試験施設にて実施される総合的なテストダイビングにより製品の品質と性能が実証されています。

ユーザーからのフィードバックに基づいて、Suunto Fused™ RGBMがややアグレッシブな計算を行うように調整しました。調整されたアルゴリズム – Suunto Fused™ RGBM 2 – により、深海まで潜降するエアーダイブと反復潜水での浮上時間が短くなります。反復潜水では、主にエアー/ナイトロックスダイブの浮上時間に影響があります。

また、Suunto Fused™ RGBM 2は、飛行機搭乗禁止時間の制限において、組織内の残留ガスが皆無である必要がありません(通常、旅客機の機内気圧は上空約3,000 mと同等の気圧に達します)。この変更により、ダイバーの安全を確保しながらも前回の潜水から飛行機に搭乗するまでの飛行機搭乗禁止時間が短縮されます。改良されたFused™ RBGM 2アルゴリズムは、Suunto D5に導入されています。

Suunto Fused™ RGBMについてさらに詳しくお読みください。

ブルース・ヴィエンケ博士(Dr. Bruce Wienke):
「RGBMは、科学の観点でも非常に現実的なモデルです。パラメータは、何千回ものダイビングによる物理学的な実際のデータと相関しています。これらのデータはすべて検証され、相関性が実証されています。私は1990年代からSuuntoと共に研究を行っています。Suunto RGBMからテクニカルRGBM、そして今日ではSuunto Fused™ RGBMに至るまでのSuuntoの進歩は、非常に自然なものでした。新しいアルゴリズムは、あらゆるタイプのダイビングに対応する卓越したモデルです。」

Suunto YouTubeチャンネルでヴィエンケ博士によるアルゴリズムの説明をご覧ください。